アーモンドの効能.net » 食べ方について

食べ方について

アンチエイジングや健康にも効果があるとして人気の高いアーモンドは買って来たものをそのままとポリポリと食すというケースが多いと思います。そのままを生で言う方法は一番簡単な食べ方です。

毎日、同じだと味や食感に飽きてきてしまいますね。そこでサラダのトッピングに使ったり牛乳の代わりに料理に使用したりといった方法をご紹介します。生でそのまま食するのは栄養がある皮もそのまま摂取出来ます。

薄皮にはポリフェノールの一種である抗酸化作用があります。たとえば生の実を砕いて、茹でたほうれん草に砕いた実とと醤油砂糖などの調味料を合わせた物を混ぜ合わせてもおかずの一品になります。

胡麻和えの様な感じです。胡麻和えのように肉や茹でた野菜、豆腐などに掛けても美味しく召し上がれます。ロースト(素焼き)したものも人気があります。香ばしさが増し、味も生のままより美味しくなります。

生の実をフライパンで炒る、オーブンで素焼きにする時はオーブン皿にアルミホイルを引き実を並べます。130度で15分ほど焼きます。途中でかき混ぜると美味しくローストしたものが出来上がります。

それをすり鉢やフードロセッサーで砕きます。ポテトサラダやカボチャのサラダなどに混ぜるとカリカリとした食感と香ばしさがアクセントになり自宅で作るいつものサラダも一味変わって美味しく頂けます。

スーパーなどのお菓子を作る材料が売っている場所で実を粉状にした物が売られています。この粉状のものはクッキーやケーキに混ぜたりして使います。トッピングにしても良いです。

最近では豆乳のような飲料も販売されました。アーモンドに水を加えて液状にして布でこした飲料です。市販でも売っていますし、自宅で作る事も出来ます。コップに注いでそのまま飲む事も出来ます。

蜂蜜を加えたり、紅茶やコーヒーに入れて飲んでも美味しく頂けます。グラタンやシチューなどのホワイトソースを使う料理で牛乳の代わりとして使う事が出来ます。

毎日少しの量でたくさんの栄養素がとれるアーモンドですが、このようにバリエーションを増やせば飽きずに摂取できます。同じものばかりでは飽きてしまって長続きしません。

そのまま食したり、市販のものを購入したり、お料理やお菓子作りに利用することでアーモンドを食べ方を変える事が出来ます。

いつもの作っている料理に取り入れることで 新しいレシピが出来るかもしれません。アーモンドを使った料理を考えてみるのも楽しいですね。たまにはケーキ屋さんに行ってアーモンドを使ったスイーツをいただくのも変化がありますね。