アーモンドの効能.net » 体操で予防と改善を

四十肩・五十肩

体操で予防と改善を

フローズン(冷えて凍結してしまった)ショルダーとも呼ばれる五十肩では、その可動域の極端な制限状態を少しでも緩和させていき、改善を早めていくことが大切です。

しかし急性期の場合は痛みも大きく関節の硬直も絶頂の時期ですので、できるだけ安静にしておいて患部がやわらかさを幾分取り戻し、痛みも和らいでくるのを待って安静にしておくことが大切です。

そして慢性期になれば、積極的にストレッチなどを取り入れて、完治した後に自然な状態に戻るように準備しておくことが大切です。リハビリをしなければ、完治した後でも肩関節の動きに異常が見られるという可能性もあります。

五十肩の慢性期では、いくら積極性が大事とはいっても無理をしないようにすることも大切です。はじめのうちは特に、慣れるまではゆっくりと少しの量をこなし、徐々にメニューを増やして、その動かす範囲も広げていくのがよい方法です。

五十肩の治療にはアイロン体操がいいのでは? という方も多いようです。これは、普段よく使用するようなものを有効活用する五十肩の改善ストレッチです。

アイロンの他にもダンベルなどを常用されている方はそれでも構いません。とにかく重りになるようなしっかりしたものを持って、静かに前後に振ったり、左右に振ってみたりを繰り替えすことで、肩関節には微妙で自然な五十肩改善効果を発揮します。

また下を向いての体操法ですので、急性期でも幾分効果があります。可動域の自然な拡張をよく意識しながら、ゆっくりと行ってみるのがポイントです。

壁押し法は、五十肩の予防策としても効果のある体操法です。壁(硬い)を使い、地面を使用した腕立て伏せと同じような要領で、倒れたり戻したりを繰り返します。あまり壁との間のスペースを広げないように、すべったりしないようにグローブをはめる、などがコツです。

壁押し法もアイロン法と同様に、五十肩の傷みが比較的強く、肩関節の可動域が非常に狭い場合でも効果がある体操法です。

五十肩の治療について更に詳しく知りたい方はこちら