アーモンドの効能.net » メタボについて

メタボについて

最近肥満気味で、という方の多くが腰痛を持っています。肥満ですから考えてみれば腰が痛くなって当たり前、しかし問題はこのことに気付かずに腰をマッサージばかりしている、このようでは話になりません。

できるだけ肥満を避けるための対策が第一です。またこの傾向でもっともやっかいなのがメタボ、内臓脂肪型の場合です。今では肥満といえばまずこの症状、と言われる時代です。

食べ過ぎてしまったり、またストレスによってどんどん食べる量が増えると取り返しの付かないことになってしまいます。

仕事が忙しくてこのような状態に気付かないでいると、徐々に腹部が出てきます、つまり多くの方がこのタイミングで自分の状態に気付くわけですが、ちょっと出ただけでもかなり肥満です。それなのに大したことはない、とたかを括ってしまうとますます解消しずらくなります。

この解消には本格的なダイエットだけが有効、ではありません。食事のケア、毎日の運動、そして腰痛には姿勢の改善も必要ですが、この3つを効率よく習慣付けるだけでも違ってきます。

食事では高脂肪、高コレステロールの食事はまず避けること、そしてお菓子や甘いもの、アルコールを控えることなどが考えられます。

コレステロールが上がると血液がドロドロとしてきて、生活習慣病の予備軍になってしまうことにも要注意です。

また運動はまず基本はウォーキングです。通勤している方は1駅前で降りてみて歩く、休みの日は公園目指して歩く、など、ウォーキングはとても取り入れやすいダイエット法です。

また姿勢ですが、椅子に座っている方は特に猫背などに気をつけること、またパソコンの操作方法にもしっかりとケアが必要です。

マウスやキーボードは具合が悪いとついつい肩凝りになり、肩がどんどん凝ってくると次には腰に来ます。

太っているという見た目を気にする方が大分多くなってきていますが、やはり中年太りは笑って見過ごす、この傾向は今だに根強いようですので、自覚できる方はまず意識すべきです。