アーモンドの効能.net » 休息の関連性

休息の関連性

健康な身体を作るためにはどのようなことが必要なのでしょうか。食事による栄養補給や運動による代謝機能の強化など様々な方法がありますがそれら以外にも健康的な身体を維持するための方法があります。

その方法こそが休息なのです。健康的な生活を送るには休息期間を欠かすわけにはいきません。一日中働きづめでは当然心も身体も休めることが出来ません。

作業を早く終わらせるために作業時間を延ばすのはやむをえないかもしれませんが、作業時間を延ばすだけでなくきちんと休憩期間を取るようにしておきましょう。

人間の集中力が持続するのはおよそ1時間半と言われており、長時間作業する際は1時間半作業したら5分間ほどの休憩を入れないと作業能率が下がってしまうのだそうです。

この集中力のサイクルを「Basic Rest Activity Cycle」といい、通称BRACと呼ばれています。このBRACは仕事や勉強はもちろん普段の生活にも関係します。例えば車の運転もBRACに影響されやすいものの一つです。

高速道路で長時間運転する際も気をつける必要があります。車の運転は想像以上に脳に負荷をためているそうで、そんな時は運転中にマイクロスリープと呼ばれる本の短い眠りに入っていることもあるそうです。

普段の生活なら数秒間眠っても特に大きな被害は出ませんが、高速道路でいつもより早いスピードで運転している時に同じ状況になるといったいどうなっていたでしょうか。

こうした自己などのトラブルを防ぐために作業時間と共に休憩についてもしっかり考えておいて下さい。

短時間の間に行うことももちろん必要ですが、それよりも重要な意味を持つのが休息です。休憩による体力の回復は長くても5分程度しか持たないので、一日の終わりには身体をしっかりと休ませるのが大事です。

理想とされている睡眠時間はおよそ7時間から9時間と言われているのであまり無理しないで十分な休息をとるようにしましょう。